徳島大学の魅力を徹底調査!

偏差値アイコン

四国地方の国立大で唯一、薬学部を設置しているのが徳島大学です。そのため、四国の薬学部受験生にとっては、徳島大が第一選択となるでしょう。こちらでは、そんな徳島大学薬学部の特色を一挙紹介。

偏差値57.5

徳島大学イメージ

徳島大学薬学部〜基本データ
住所 : 徳島県徳島市庄町1-78-1
電話番号 : 088-633-7245
アクセス : ・JR利用の場合(約12分)
JR徳島線「蔵本駅」下車徒歩5分
・バス利用の場合(約15分)
徳島駅前より徳島市営バス「上鮎喰」行・「地蔵院」行・「名東」行のいずれかに乗車し、「中央病院、大学病院前」又は「医学部前」下車徒歩1分
薬学科・薬科学科 : 薬学科・創製薬科学科
学生人数 : 431名
学費 : 約81万7,800円

上記に記載の偏差値情報は2018年度版の公式情報に基づきます。詳細の情報につきましては、必ずご自身でご確認ください。

徳島大学薬学部の特色・注目ポイント

  • 学科選択は3年次の後期!
  • 徳島大薬学部の就職実績は抜群!
  • 資料を電子化するなど、先進的な試み多数!

偏差値アイコン

入学後、3年生になってから学科選択可能!

研究イメージ

受験生の中には、大学院を経て研究職に就くか、それとも薬剤師になるか悩んでいる人もいるでしょう。徳島大学薬学部では入学時に学科を選択する必要がなく、3年生の後期に所属学科を選択するシステムを採用しています。そのため、実際に薬学を学んでから自分の将来を決めることが可能です。なかなか入学前に自分の適性を知るのは難しいですから、徳島大のように進路を後から決められる制度は非常に有益ですね。消極的に“就職に有利だから”というのではなく積極的に薬学に関わる人材育成を標榜している徳島大ならではの制度といえます。

圧倒的な就職実績!徳島大薬学部の力

キャンパスイメージ

2014年に徳島大学薬学科を卒業した42名のうち、16名が医療機関、13名が薬局に就職しています。その他の職種で就職した人も、製薬会社3名、公務員5名など、いずれも充分な進路に進んだと言えるでしょう。主な就職先としては、大分大学医学部付属病院、京都府立医科大学付属病院、島根大学医学部付属病院、鳥取大学医学部付属病院、大阪赤十字病院、徳島大学病院、京都第二赤十字病院、徳島赤十字病院などが挙げられます。徳島県内のみならず、西日本各地に就職先があるのも、徳島大薬学部の魅力といえるでしょう。

資料の電子化をはじめとする試みを多数実施!

試験イメージ

徳島大学では、世界中で発行されている学術雑誌を大量に電子化しています。そのため、図書館から雑誌を借りてコピーする必要はなく、電子化されたデータから必要な部分だけを選択してプリントすることが可能。卒業研究などの取り組みに役立つのはもちろん、あらゆる場面で志ある学生をバックアップしてくれる環境と言えます。恵まれた環境の中で学問に打ち込みたいなら、徳島大学の環境は理想的でしょう。

国家試験の合格率も抜群〜徳島大学薬学部のまとめ

偏差値アイコン

徳島大学卒業生の第100回薬剤師国家試験合格率は81.97%となっており、これは全国的に見ても非常に高い数値。国立大では、広島大学の86.79%、金沢大学の86.67%に次ぐ第3位です。それに加えて就職実績もずば抜けているので、多くの受験生にとって魅力ある環境といえるでしょう。就職先も四国だけでなく、近畿、中国地方に及んでおり、県外就職志向の方にもオススメ。四国の薬学部志望者は、是非、徳島大学を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの記事

薬学部
薬学部で学ぶこと|総合大学の薬学部と薬科大学の違いは?
薬学部
偏差値が上昇傾向にある大学は、今後に飛躍する!?
薬学部
人気薬学部|薬学部の受験成功法を考える!