大阪大学薬学部の特色リサーチ!

偏差値アイコン

関西を代表する国立大、大阪大学の薬学部に関する情報をリサーチしました。東大、京大に次ぐ国内最難関クラスの国公立大として知られ、就職率も抜群の阪大。その卒業生はどのような企業に進んでいるのでしょうか?

偏差値62.5

大阪大学イメージ

大阪大学薬学部〜基本データ
住所 : 大阪府吹田市山田丘1-6
電話番号 : 06-6877-5111
アクセス : 阪急バス・近鉄バス「阪大本部前」バス停より徒歩7分
大阪モノレール「阪大病院前」駅より徒歩15分
薬学科・薬科学科 : 薬学科・薬科学科
学生人数 : 396名
学費 : 約81万7,800円

上記に記載の偏差値・その他の数値情報は、2019年現在の公式情報に基づきます。詳細の情報につきましては、必ずご自身でご確認ください。

大阪大学薬学部の特色・注目ポイント

  • 製薬会社への圧倒的な就職率!企業の研究室に入りたいなら阪大
  • 薬学科からは病院薬剤師の道に進む人も多い!
  • 大学院進学を目指しているなら4年制薬科学科がオススメ!

偏差値アイコン

製薬会社志望の受験生に朗報!抜群の進路実績が光る

研究イメージ

旧帝大の一角なので当然といえば当然ですが、大阪大学薬学部はそのネームバリューにより、非常に高い就職実績を誇ります。特に注目するべきは、薬剤師になる人よりも製薬会社の研究室に入る人が多い…という事実です。主な就職先には日本臓器製薬、小野薬品工業、クラシエ製薬、大塚製薬など、名の知られた製薬会社がズラリと並んでいます。その他、化学系企業の名前が多く挙がっているので、研究室志望の学生には理想的な環境と言えそう。将来的な進路を“薬剤師より研究室”と考えているなら、大阪大学薬学部がオススメです。

コメディカルスタッフとして病院勤務する卒業生も多い!

キャンパスイメージ

2018年度に6年制薬学科を卒業した学生は、27名中22名が就職しています。そして、就職した22名のうち9名が医療機関への就職を果たしました。約1/4が医療機関に就職する薬学部というのはわりと珍しく、阪大卒業生に医療機関志向が強いことが窺えます。主な就職先は神戸市民病院、名古屋第二赤十字病院、大阪脳神経外科病院など。コメディカルスタッフの一員として、医療従事者らしい仕事をしたいのであれば、医療機関で病院薬剤師として働くのが良いでしょう(※2019年9月時点の公式HP情報より)。

阪大の薬科学科は大学院進学率が90%台!

試験イメージ

大学受験の段階で、将来的な大学院進学を考えているのであれば、大阪大学の4年制薬科学科を検討すると良いでしょう。2018年度の学部卒業生49名のうち、なんと46名が大学院に進んでいるからです。ここまで高い大学院進学率は、なかなか他で目にする機会がありません。また、2018年に修士課程を修了した73名中21名が博士課程まで進んでいることから、大学に残って長く学びたいという学生が多くいるようです(※2019年9月時点の公式HP情報より)。

堅実志向の旧帝大〜大阪大学薬学部のまとめ

偏差値アイコン

天才肌の個性派が多い京大に対し、堅実な秀才が多いと考えられている大阪大学。この傾向は薬学部の在り方にも当てはまるようで、大阪大学薬学部は公務員、医療機関に就職する人、大学院に進学する人が多くなっています。公共性の高い仕事に就いたり、博士課程まで進学する人が多い阪大は、まさに堅実路線の秀才揃いと言えるでしょう。若い頃は型破りな天才に憧れる人も多いですが、現実社会で成功を収めていく確実性では秀才タイプが勝ります。安定した進路を目指して日々研鑽していきたい…、そんな考えをお持ちなら、大阪大学薬学部がオススメです。

オススメの記事

薬学部
気になる偏差値!あなたが志望する大学をチェック
薬学部
学費は重要!6年間総額の学費をランキングで比較
薬学部
薬剤師国家試験の合格率で分かる優秀な大学