城西大学薬学部の偏差値データ

偏差値アイコン

こちらでは、埼玉県の人気中堅大、城西大学の入試突破に役立つ情報をお届けしています。少しでも合格率を高めたいのなら、入試科目、配点といった入試方式ごとの特徴を把握し、より自分に合った方法で受験することが大切です。1年間の努力を実らせるためにも、志望大の偏差値データを徹底的に調べ上げましょう!

城西大学サイトイメージ

城西大学薬学部の偏差値データ(2019年現在)
偏差値 : 薬学科37.5、薬科学科40.0、医療栄養学科35
倍率 : 1.6倍
定員数 : 薬学科250名 薬科学科50名 医療栄養学科100名
科目 : 理科・英語・国語or数学

城西大学薬学部の全体倍率は1.6倍。学科が3つに分かれており、薬剤師資格が狙える6年制薬学科は1.7倍、4年生で薬学研究を主体とする薬科学科は2.0倍、そして埼玉で唯一、薬学部として管理栄養士資格が取れる医療栄養学科は1.1倍です。
これだけ見ると“薬学部としては低い倍率”と感じるかもしれませんが、その判断は早計。実は一般入試A日程は薬学科1.5倍、薬科学科2倍、医療栄養学科1.5倍…と低めですが、実質的な2次募集にあたるB日程、C日程はというと、薬学科がB日程2.9倍、C日程3.1倍、薬科学科がB日程4.5倍、C日程5.0倍と少し跳ね上がります。特に資格に結びつかない薬科学科でも同様の結果で、やはり後の日程にいくと少し難易度が上昇する傾向。
城西大薬学部への合格を狙うなら、なるべくA日程で合格を勝ち取ってしまわないと、後に行くにつれて厳しくなってしまいます。
(※倍率は大学HPより参考)

城西大学受験ポイント

偏差値アイコン

こちらでは、城西大学に合格するために把握しておくべきポイント3つを紹介。合格率を向上させるためには各方式の特徴を理解し、自分に適した方法に出願することが大切です。少しでも有利に合格するため、入試傾向を掴んでおきましょう。受験というのは合格したもの勝ちですから、必ずしも正攻法で挑めば良い…というものではありません!

抑えておきたいポイント

  • センター利用はI期日程に出願しましょう
  • 薬学科と薬科学科の一般A~C日程
  • 文系が得意なら医療栄養学科の一般C日程が狙い目!?

偏差値アイコン

センター利用はI期日程に出願しましょう

上記の傾向分析で、一般入試はA日程が有利…と申し上げましたが、2019年のセンター利用入試に関してはそうではなかったようです。薬学科は1期倍率2.2倍に対し、2期2.1倍、3期2.4倍と、さほど変化はありません。薬科学科も1期倍率2.7倍に対し、2期2.6倍、3期2.5倍。医療栄養学科も1期倍率1.2倍に対し、2期1.1倍、3期1.1倍となっています。例年であれば、1期に比べて2期・3期で数値は上昇していくのですが、今年に関しては変化はありませんでした。しかし、倍率も毎年変化していきますので楽観視は禁物です。

薬学科と薬科学科の一般A~C日程

薬学科の一般入試A〜C日程では、理科、英語、数学の3教科の合計点で合否判定が行われます。配点は理科のみ200点で、残りは各100点の計400点となります(以前は3教科の内、高得点の2教科を合否の選定とされていましたが、現在は変更されて3教科が必須となりました)。
また、薬科学科の一般入試A~Cは、理科(必須)、国語・数学(選択1)、英語の2教科以上を受験となります。3教科受験の場合は理科(必須)の得点とそれ以外の科目の高得点を合計して合否判定されますので、文系の人も必須の理科を抑えておかないと高得点を取るのは難しいと思います。

文系が得意なら医療栄養学科の一般C日程が狙い目!?

医療栄養学科の倍率に関してはそんなに高くありませんので狙い目かもしれません。一般入試のAとB日程は必須科目がなく、国・数の2科目選択不可であるものの、2科目以上受験して高得点2科目で合否判定が行われます。理系の学部でありながら、英語や国語の成績だけで受かることもあるので、理数系科目がからっきし…という受験生でも可能性があります。
また、C日程は学科試験なしで、小論文と面接のみのため国語の文章力を磨けばそれだけで合格する可能性もあるのです。もし、文系だけど薬学系に…と考えている方がいれば、城西大を受けてみるのはいかがでしょうか?ただし、入学後のことを考えると理科が全く不得意な方は進級・卒業の壁が厚くなっていることを覚悟した方がいいかもしれません。

偏差値から併願校を探すアドバイス〜城西大のほかに受けるべき薬学部

偏差値アイコン

城西大学イメージ

城西大学を志望している方が偏差値から併願校を探す際、どんな学校を受ければ良いのでしょうか?まず城西大は医療栄養学科という他にはない学科が存在する…という特色があります。そういった“仕事に結びつきやすそうな変わった学科がある学校”を望んでいるなら、漢方薬学科などの特殊な学科組織を備えた大学が良いかもしれません。また、城西大は科目選択の幅が広いので、同じように受験科目の自由がきく学校を併願先に選ぶと、受験勉強の効率が大きく向上する可能性が高いでしょう。第一志望だけに目が行きがちですが、併願校を真剣に選ぶことも、大学受験成功の秘訣として重要なのです。

オススメの記事

薬学部
薬学部で学ぶこと|総合大学の薬学部と薬科大学の違いは?
薬学部
偏差値が上昇傾向にある大学は、今後に飛躍する!?
薬学部
人気薬学部|薬学部の受験成功法を考える!