広島大学薬学部の情報を分析!

偏差値アイコン

中国地方でもっとも高い国家試験合格率を記録した広島大学。こちらでは、そんな広大の内情をリサーチして紹介しています。偏差値や知名度ばかりでなく、学校の教育システム、設備など入学後のことを考えて志望校を決定することが大切です。

偏差値60

広島大学イメージ

広島大学薬学部〜基本データ
住所 : 広島県広島市南区霞1-2-3
電話番号 : 082-257-5777
アクセス : JR広島駅、横川駅からバス「大学病院前」バス停より徒歩すぐ
薬学科・薬科学科 : 薬学科・薬科学科
学生人数 : 336名
学費 : 約81万7,800円

上記に記載の偏差値情報は2018年度版の公式情報に基づきます。詳細の情報につきましては、必ずご自身でご確認ください。

広島大学薬学部の特色・注目ポイント

  • 漢方を学べる!薬用植物園などの施設充実
  • 大学院への進学を考えているなら4年制薬科学科!
  • 中国地方No.1!国家試験での実績も充分

偏差値アイコン

漢方薬学も学べる薬用植物園が充実!

研究イメージ

2010年、政府が西洋医学、東洋医学の良い部分を双方とも活用した統合医療を打ち出しました。そういった経緯もあって、現在、中国から伝来し、日本でも親しまれてきた漢方医学に注目が集まっています。実際、8割以上の医師が漢方薬を処方したことがあるそうで、今では薬剤師にも漢方の知識が必要になってきているのです。その点、広島大学薬学部には付属薬用植物園があり、漢方になる薬用植物を直に触れて学ぶことができます。統合医療が順調に浸透していけば、これからの薬剤師に漢方知識は不可欠ですから、薬草園など漢方に関わる設備面も重要になるでしょう。

4年制薬科学科なら大学院進学も有利!

キャンパスイメージ

将来的に大学院進学を考えている受験生は、4年制薬科学科への進学がオススメです。2014年に広島大薬科学科を卒業した10名のうち、実に18名が大学院修士課程へ進学。薬科学科それ自体が、最初から大学院進学を前提としているので、普通に努力してさえいれば、ほぼ進学できるものと考えて良いでしょう。逆に6年制薬学科は卒業生36名のうち、大学院に進学したのはわずか1名。こちらは薬剤師として就職することが前提となっています。もし、大学院経由での研究職を考えているなら、薬科学科を検討してみてください。

国家試験合格率は中国地方でナンバーワン!

試験イメージ

2015年に行われた第100回薬剤師国家試験の合格率は86.79%となっており、これは中国地方の薬学部では第1位の結果です。同じ地方の他大学は岡山大学76.92%、福山大学68.42%、就実大学54.64%、広島国際大学55.60%などとなっており、広島大学の合格率が頭一つ抜けていることが分かります。6年制薬学部に進学する場合、ほとんどの学生は薬剤師国家試験を市場目標としていますから、やはり合格実績は重要です。これだけの実績を上げている環境なら、きちんと課題をこなすだけでも充分に合格が見込めることでしょう。

中国地方屈指の国立大〜広島大学薬学部のまとめ

偏差値アイコン

薬用植物園を利用した薬用植物の成分分析など、これからの薬剤師、開発職に必要な研究を行っている広島大学。薬剤師国家試験の合格実績も、中国地方では群を抜いています。このあたりは、旧制大学(広島文理科大学)時代から続く、歴史ある大学ゆえの力と言えるでしょう。ちなみに、タイのコンケン大学薬学部、アメリカのオールバニ薬科大学などと学部間提携を結んでいるので、留学など国際交流志向の方には、その希望を叶えるチャンスがありそうです。

オススメの記事

薬学部
薬学部で学ぶこと|総合大学の薬学部と薬科大学の違いは?
薬学部
偏差値が上昇傾向にある大学は、今後に飛躍する!?
薬学部
人気薬学部|薬学部の受験成功法を考える!